Bran_bot のタイムライン

Bran_bot
「ん、ありがとカワヒラコ。えーと、次回の予告です!侵略される美濃国サーバー、結集する審神者たち!負ければ審神者制度そのものが崩壊する背水の陣で、男士たちは緊張の一瞬を待つ!次回、美濃襲撃・結。お楽しみに!おじいちゃんから受け継いだ時は、こんなこと考えてなかったんだけどなあ〜」
2019-02-21 23:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「やほ。今回はすんごく大事になってるみたいだねー。たくさんの敵によって突如攻撃を受ける美濃国サーバーの審神者たち。果たして私達は侵略を食い止めることができるのかな。次回、決戦・背水の陣。次回も観てね!あっ、小狐丸〜!」
2019-02-21 22:07:22 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「星乃です、皆さんいつもありがとう。さて次回の…江雪さんそこ触っちゃダメですよ、そこに像が映るんです。次回の予告です!歴史修正主義者によって襲撃を受ける美濃国サーバーと、本部に集結する他領審神者たち。いよいよ決着の時が…江雪さんだめええ!カメラマンさんお仕事中です話しかけちゃ
2019-02-21 21:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
星乃本丸江雪さん次回予告「江 雪 左 文 字 と 申 し ま 星乃ちゃんがカメラの横からずっといーとーまきまきのあのジェスチャーで急かしてる
2019-02-21 20:07:21 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「皆さんこんにちは、露と申します。今回美濃の皆さんは災難でしたね、ご心労おいたわしい…だけど皮肉にも、神谷さんや梟子さんとは久々に再会できまして私、場違いにもちょっと嬉しくなったり…鳴くんなあに?え?尺が足りない?ああそうでした、ええと次回、殲滅・粉砕。ぜひお楽しみにしていてくだ
2019-02-21 19:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「白子だよ!みののくにが襲われちゃったからアケちゃんも星乃ちゃんもみんな集合なんだってー。いわとーしはお掃除役だって言ってた。次回、檄!帝国審神者団!お楽しみに!ところでいわとーしの言ってたソウメツってなーに?」
2019-02-21 18:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
これもう世界観ごった混ぜでここにTAMAKIにわも入れたみ 「みんなすごいね、カワヒラコ」「いかにも、頼もしい」「もしかしてさ、君なら正確な数がわかる?」「それはどうでしょう。電磁の波がうねりにうねっている。ただ一つ言えるのは…」「言えるのは?」「その数、大軍勢」バタンッ
2019-02-21 17:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「先駆けはいつも命懸け。私の鳴くんもおりますが、開いた瞬間飛び込む敵さんは、山姥切くんと長谷部さんお二人にとって、田の案山子も同然、ね?」「そこそこ揃ったな。今入った情報によるとサーバー内では新橋隊が交戦中とのことだ。頼むから同士討ちなんて真似はしてくれるなよ?……開けるぞ!」
2019-02-21 16:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「交戦中の美濃国審神者さんの情報も集まりつつあるね。どれどれ…っと。問題発生時の橘樹サン?の報告だと、敵勢数十。」「同志諸君の活躍で減ってるかもよ?梟子サンどう思う?」「希望的観測なんじゃないかな。数十で足りるならそろそろ勝鬨が上がってるよ。まあとはいえ私に軍師経験はないなあ。」
2019-02-21 15:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「戦さは手足がやるもんだ、頭のお作法なんぞ知らんな。いかにも私は審神者・旭、後の面倒事にでも好きに使え。苦労するのは私ではない。だがひとつ目を覚ましてやるとな、例え私がやらんでも同じ事を考える奴は…」「皆様方お揃いで、壮観〜。出遅れたかしらん?」「…いくつか心当たりがあるぜ。」
2019-02-21 14:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「主任!」「おいおい勘弁してくれ。面倒だからお偉いさんは避難させとけって言っただろうが。」「日暮!貴様何をしているのかわかっているのか!栄えある国家機能の中枢に敵勢力を迎え入れるなどいかなる緊急事態であっても許され「!旭!」
2019-02-21 13:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
本部から各地域へのゲートというか門というかが伸びてるんだけど、緊急事態なので審神者制度の心臓部である本部に戦力を集めあえてゲートを開いて侵入者を全力で潰す流れ、とか、ええなあ。失敗は許されず、背後にいる一般人たちを考えると一匹も逃せない。審神者たちは曲者だらけ。
2019-02-21 12:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「いわとーし、これどうやってメッセージ聞くのー?」「こうするのだ。……白子、第一部隊を集めるぞ」「うん、刀装はぜんぶ金にしてね。いわとーしも行くよ。」 「…これはこれは」「主さん、お酒飲んでる場合じゃないよ。僕は第一部隊を呼んでくるから、その間に主さんも用意をしててね」
2019-02-21 11:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「山姥切、山姥切〜」「ここにいる、なんだ。また妙な頼みごとか」「んーん。第一部隊を呼んできて。美濃が襲われた。」 「鳴くん、そんなに引っ張らなくてもついて行きますよ、どうしたの、執務室に忘れも…これは…」
2019-02-21 10:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「ぬしさま」「んー?なあに小狐丸、アク抜きのしかたなら燭台切に…」 「主…」「どうしました江雪さん、なんだか怖い顔し…」 「…主」「いよいよきな臭くなってきたネ。ホームグラウンド荒らされて泣き寝入りなんざ笑っちゃう。ふふふ。」
2019-02-21 09:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→って一部のサーバーのみ不具合って聞いたら想像しちゃうじゃんね。# TLさにわーズ →
2019-02-21 08:07:22 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「…」「主任…」「…他のサーバを確認しろ。電子回路は生きてるか?生きてるとこ全部のこんのすけに伝令を送れ。それと上層部にもそのことを伝えろ。」「何と?」「"危急の事態。総員、精鋭を連れて即刻本部の美濃ゲート前に集合。殲滅戦をとる。"頭数が揃い次第、ゲートを開けるぞ。肚ァくくれ。」
2019-02-20 23:07:22 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→「ダメですノイズ交じりだ!生身の人間よりは男士たちの方がノイズをかいくぐりやすいようで、今全力で状況を拾ってます!」「ゲートの確認に行った処理班から連絡です!門の奥が怪しい!どうやら美濃からこっちの本部にまで侵食しようとしてるようで、随伴した審神者が見る限りその数、数十!」→
2019-02-20 22:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「情報部!!防護壁はどうなってる!!!」「侵入の速度が早すぎます!!修正主義者だけでなく敵男士が接近するせいで電磁波が大幅に乱れています!」「非常電源も使ってファイアウォールを強化しろ!!何としてもこれ以上のクラッキングを許すなよ!通信班!ログイン中の審神者たちとの交信は!?」→
2019-02-20 21:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
蓬子ちゃん「へえ君そんなに難しい本読むの」ほたる「まあね。俺は何でも知ってる。どの本があるべき場所にあって、どの本が君と出会うべきか」蓬子「私と?」ほ「本は出会いすらも司るんだ」(了)
2019-02-20 20:07:21 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
もりみーワールド引っ張り出してすんません でもこの場合、古本市の神ことホタルマルくんの正体は石切丸さんだけは知ってるといい そして知っていてなお、気さくに会話する石切丸さん ア〜石切丸さんが李白さんポジションになるのもいいな〜
2019-02-20 19:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「またそんな嘘を…」「嘘じゃないさ。現に僕は見てないけれど、数珠丸の方は彼にもう何度もお目通り叶っているよ」「彼?」「彼でも、彼女でもいいそうだ。会う度に違う姿をしているから、今年はもしかして君や僕の姿をしているかもしれないね?」
2019-02-20 18:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
青空古本市にて差し入れのラムネを受け取り、「そういえば君は、この神社に宿るという古本市の神を知ってるかい?」って話し出すにっかり(夜は短しパロ)
2019-02-20 17:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
それに挟まれて「僕は下手だからね」って笑うにっかりにそんなこと言って上手いんでしょ〜見せてってせがんだらのらくらかわされて、間を置いたある日ふと手元覗き込んでみたらちょっと慌てて隠されて、ほんとうに子どもの字だったみたいなオチが(もえしんだ)
2019-02-20 16:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
けど、その石切丸さんが褒めるのがずずまうさんで、「青江の?ああ、彼は素晴らしいよ。彼の域に達するためにも、私ももっと精進せねばね。」って無資格で普段筆も握らない(たぶん)ずずまうさんに笑う
2019-02-20 15:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
そんで青江派の営む古書店が毎年参加する青空古本市のために場所を毎回提供してくれるのが石切丸さんの神社 石切丸さんめっっっっちゃ字うまいし書道有段?だし御朱印もかく
2019-02-20 14:07:23 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「安請け合いだなあ。どうせ君は奥に引きこもりっきりだと言うのに、彼女が僕の留守居に来たらどうするんだい?」「貴方の行くところなど、簡単に見当がつきますよ。大方石切丸のところでしょうしね。それに、」「それに?」「言ったからには、彼女が来る時は私も出迎えますよ」
2019-02-20 13:07:18 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「彼女、混乱してましたよ」「へえ、君も罪な男だなあ。一体何をしたんだい?」「…」「冗談さ」「何故、店主が私などと嘘を…」「謎めいた古書店の男、なんて楽しそうな響きだと思っただけだよ。誤解は解けたかい?」「…改めて紹介するからまた、来るようにと言っておきました」
2019-02-20 12:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「ああ…。今日は活字にふられてしまったらしい。奥まで行ってごらん。大丈夫、怖くないよ。」って笑うにっかりと、素直にレジまで進む女の子、初めて出会うずずと女の子 # というずず夢
2019-02-20 11:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
珍しくずずまうさんが表に出てて、にっかりが在庫補充してたらにっかりに「あの…今日店主さんは…」って話しかけてる女の子を見つけて「………?」ってなるずずまうさん
2019-02-20 10:07:21 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
「にっかり…。」「今日の在庫整理は終わったかい?こっちももう閉めようか。」「ええ。そうしましょう。ときに、」「?」「先程の娘は、貴方の気に入りですか、にっかり。」「…ふふっ。見てみたいかい?君ならその答えを君で見つけられるんじゃないかな。」
2019-02-20 09:07:15 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
【青江堂古書店】奥でする物音と人の気配に首を伸ばす客に店主青江さんが「うちの店主は奥手なんだ。君みたいな可愛いお客さんより、文字とお喋りするのさ。またおいで。」って嘘しか言わない
2019-02-20 08:07:22 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
【百鬼夜行抄パロ】能力者であった祖父に跡取りである孫娘TAMAKIにわの身を守ることを条件に、今まで使役していた他の妖魔を切ることを許されたオリジナル刀剣男士たち。しかしその数が膨大だったため、幾つかの妖魔を取り逃がす。逃げおおせた妖魔たちは歴史遡行軍となり、世に蔓延りはじめる…
2019-02-19 23:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→砂糖と牛乳を入れてください。コーヒーですけど、カフェオレというものになるの。これは飲みやすい、次からはこれを頼もう。次から?。また来るさ、友人も連れて来たい。ありがとうございます、どうぞご贔屓に。 長くなってしまった。星乃ちゃんめっちゃもへもへする
2019-02-19 22:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→牛乳と砂糖を持って来る星乃ちゃん。 牛乳!これが牛の乳か…。飲んだことはありませんか?いや、あるよ。!?。珍し物好きの学友がいてな。(やっぱりいいとこのお坊ちゃんかしら…)。でも味は忘れた。変な人。ん?。あっごめんなさい、つい。→
2019-02-19 21:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→ 「…。」「どうしました?」「…苦いな。」「…珈琲ですから。」「茶請けは無いのか?」「……ふっ(堪えきれずに笑う)」「苦い。」「お茶ではありませんよ。お茶請けじゃないけど、ちょっと待っててください。」→
2019-02-19 20:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→「珈琲です。名前が星乃珈琲ですもの、豆も精製も自慢の質です。」「こーひー。異国の茶みたいなものか。じゃあそれを貰おうか。」「(茶なんて言ってないんだけどな…)」 「お待たせしました。」「黒いな。」「珈琲ですから。」「いただこう。」→
2019-02-19 19:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→ 「うちは喫茶店ですから、何かご注文いただければ。今お水をお持ちしますね。」「ん?ああ、これか。へえ。」 「お水です。」「ああ、ちょっと。」「?お決まりですか?」「品書きを見ていたんだが…多くて決められない。」「へ?」「君はどう思う?この店のお勧めは何だ。」→
2019-02-19 18:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→〜鶯との出会い(プロローグ的な何か)〜 「いらっしゃいませ。」「…ああ。やあ。」「…?お席にどうぞ。」「うん、ありがとう。ときに、茶か何か無いかな。」 -変な人の気配を察知-→
2019-02-19 17:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→気まぐれで入ってみた在りし日の鶯は女給星乃ちゃんに珈琲を出され、一口飲んで顔をくしゃっと歪め「…苦い。」と一言→
2019-02-19 16:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→怯む出歯亀。今までの、反論もしなかった大人しい長男はどこに行ったのだ。虫も殺せぬような男がする目つきではない。怯まないけど全て察する宗三。本気なんですね?言われて初めて本気とは何か考える江雪。首肯。アカンわしがしにそう→
2019-02-19 15:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→ifとは別にこちらでもプチ親族会議の場で長男の素行に話が及ぶ。もうあのような場には行かないでください、どうしてもと言うなら、あの女給をクビにしてしまいますよ、と諌める親族。明らかに怒気を込めた目でその親族を真っ直ぐ射る江雪。→
2019-02-19 14:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→「あちらのさも…雪サンはお宅さんのこと、随分と気に入りのようだけどん。」と畳み掛ける神谷、丸盆で赤い顔を隠す星乃ちゃんを見てコレハと確信。背後で扉の開く音。振り返って一人入って来る江雪さんを見てにまーっと幸せそう(と本人は主張する)な笑み。また来るネと去る。→
2019-02-19 13:07:16 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→女の身で留学を許したのも大きな譲歩なのにこれ以上何をしたいんだ!と怒られて日本を退屈に思っていた神谷、楽しげなニオイを嗅ぎつけるがままその率直さで初めて星乃ちゃん本人に「好きか?」を聞く人物に。気づいてしまう星乃ちゃん。→
2019-02-19 12:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→白子ちゃんはふらふらと色んなところに遊びに行くのでそれにつるんだりつるまなかったり、喫茶店自体にはそう頻繁に通うわけではない神谷。でもちょくちょく会って2人の様子を見ているうち、ふっと勘付く。ある程度の学業をおさめて帰るも、見合いもしようとしない神谷に父おこ。→
2019-02-19 11:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→三条は今も昔も独立した家々でなんだけど、事業を分野ごとに提携してたり長い懇意の背景があったりして、別の名前を冠していながら分かち難い関係を保っているから通称が「三条」になったいめえじ。特に岩と今の義兄弟のような結束は有名。→
2019-02-19 10:07:19 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→そのあとは喫茶店で雪さん呼びされているのを聞く度ににやにやする神谷。ひやひやする江雪。こうせつ呼びしそうになる鶯丸の口を毎回塞ぐ鶴丸。産業論を語り合うには外見が似つかわしくなさすぎる小狐丸と化野。→
2019-02-19 09:07:17 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→その後入って来た鶯丸鶴丸の面々にアレ???と再燃する疑問。後日粟田口に挨拶に行った時、一期とその他面々との交流を聞きあの時の彼は!そうだった!と思い出す神谷。同時に先日の喫茶店でのあの客、どこかで見たような。そうだあのご令嬢だったかな。の鶯の発言にひらめく江雪→
2019-02-19 08:07:22 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→録にそちらを見もせずに形だけ丁寧に挨拶して星乃ちゃんとの会話に戻る神谷、の筈がどっかで見たことあるな〜の既視感をお互いに抱き目をばっちり合わせる江雪さんと神谷。そこで星乃ちゃんが「雪さん」呼びをするゆえに一旦その疑問が雲散霧消する神谷。→
2019-02-18 23:07:20 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
Bran_bot
→星乃ちゃんと化野ちゃんが知り合い、江雪さんと星乃ちゃんが知り合い、白子ちゃんと三者も知り合ってそののちに一時帰国してくる神谷。最初は誰も身分を知らない。白子ちゃんはまあ知ってるけど興味ないので言わない。初めて喫茶店で江雪さんと出会った時、→
2019-02-18 22:07:21 JST twittbot.net フォロワー: 36フォロー:35 返信 RT Fav
readmore
白昼夢
白昼夢
@Bran_bot
ID:1960020936
場所:
ウェブ:
自分のためのリマインダー。妄想一部まとめてみました。満杯になってしまった。何かあれば @A_Thousand_Arts まで。フォロー/リムーブご自由に。一緒に再燃しましょう。
ツイート: 30492
フォロー中: 35
フォロワー: 36
お気に入り: 1518
追加されているリスト: 1