前向きに

安倍首相が給与の30%を返納してるってホント?コロナ渦で、追随する国会議員は増えるのか

安倍首相

おうち時間が長くなっている方も多いと思いますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

ちまたでは、安倍首相が投稿した「貴族Twitter」が話題になっていますね。

当サイトの別記事でも紹介した星野源さんのインスタグラム動画に合わせて安倍首相が自宅でくつろぐ・・・という投稿でしたが、過去最多の「いいね」がついた一方で「貴族か!」「そんなことをしている場合か!」という批判コメントも多く寄せられ、各種メディアで話題となっています。

さて、なにかとお騒がせな安倍首相ですが、実は2014年3月から給与の30%を返納していたことが明らかになりました。

一体、何のために?

詳しく見ていきましょう!

理由は「東日本大震災の復興財源に充てるため」。その金額が気になる!

そもそも「総理大臣の月給」とはいくらで、そのうちいくらを返納しているのか?

HUFFPOSTの報道の内容を見てみましょう。

首相給与の30%減額は、東日本大震災の復興財源に充てるため野田政権時の2012年4月からスタート。安倍首相もそれを引き継いだ上で、2014年3月からは行財政改革を目的として、30%返納している。内閣官房の担当者は「コロナで特別に、という措置ではない」と話している。(ハフポスト日本版・安藤健二)

中略

記者の質問と菅官房長官の発言だけみると、確かに新型コロナに絡んで首相や閣僚が給与の一部を返納しているようにもみえるが、真相はどうなのだろうか。

ハフポスト日本版では4月14日、閣議に関する業務をする「内閣官房内閣総務官室」の担当者に取材した。すると、安倍首相の給料返納は事実だが、新型コロナとは無関係であることが分かった。以下は、担当者とのやり取りだ。

―― 菅官房長官が発言していた「閣僚の給与返納」ですが、いつから実施されているものでしょうか?

給与カット自体は、旧民主党の野田政権時代の2012年4月から始まりました。東日本大震災の復興財源の確保を目的として、給与臨時特例法で首相は月30%、閣僚と副大臣は20%、政務官は10%の給与が減額されました。同年12月から始まった安倍政権もこの特例法に沿って、2014年3月までは給与を減額しました。特例法が失効した2014年4月以降は、内閣改造のたびに閣僚懇談会で「申し合わせ」をすることで、特例法と同じ比率で給与を「返納」するようになりました。減額ではなく、正規の給与を受け取った上で自主的に返納しています。

――毎月返納される首相の給額はいくらですか?

総理大臣の俸給月額が約241万円なので、その30%の約72万円です。

―― 給与返納の申し合わせをした理由は何でしょう?

内閣として行財政改革を引き続き着実に推進する観点から、国庫に返納しています。

――新型コロナウイルス対策とは関係ないのですか?

「コロナで特別に」という措置ではありません。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/2dddd425721bd35ddb92aaf2aaad64424ef024b5

安倍首相の月給は241万円!

一国の責任を背負って立つことを考えると、決して「高い」とは言えない金額だと思います。

そのうち72万円は返納しているのですから、実質は169万円ということになりますね。

首相クラスになれば交際も広いでしょうし、身なりを整えるにも結構お金がかかると思います。

私のような庶民には想像もつかないような金額のお金の流れがあるのでしょう。

いくら子どもがいないご夫婦とはいえ、決して「ものすごーく余裕がある財政状態」ではないのではないでしょうか?

首相は、「日本」という会社の社長のようなもの。

その存続が危ういとなれば、報酬をカットして会社や社員のために尽くすのは当然といえば当然かもしれません。

しかし、安倍首相に関してはなにかと揚げ足を取る報道が多く、あまりこういったポジティブな行動に関してはスポットライトが当てられていないように思います。

あえてこのタイミングにこういった報道が出るというのは、安倍支持派による好感度アップ&支持率アップの作戦なのでしょうか?

いずれにしても、このような報道で国民の安倍首相に対する見方、評価が少しでも良くなれば首相への風当たりも和らぐはず。

それで首相のモチベーションアップにつながるのであれば日本国民にとってもプラスになるでしょう。

安倍首相だけじゃない!国会議員も歳費を返納?

首相はすでに30%も返納しているのですから、今回のコロナ対策のためにさらに自分の給与を削るというのは少々無理があるように思います。

しかし、この給給与返納の動きは国会議員の間にも広まりつつあり、4月13日にはこのような情報も入ってきました。

自民党は13日の役員会で、新型コロナウイルス感染拡大が終息するまでの間、衆参両院議員の歳費の一部返納を検討することを確認した。

二階俊博幹事長はこの後の記者会見で「コロナウイルスと国民が戦うことをしっかり支援していくためだ」と理由を説明。今後、与野党に協力を呼び掛ける。

東日本大震災の復興財源確保を目的とした特例措置として、議員歳費を返納した例がある。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4cd8e283cc903c084121bddbba2c65d2d3180181

どれだけの数の議員がこれに応じるかはわかりませんが、衆議院と参議院で合わせて700人以上もいるのですから、一人当たり30万円返納したとしたら2億を超える金額になります。(※国会議員の年収は約2,000万円という説があるので、月額にすると約167万円。そこから約20%を返納すると仮定して計算しています)

これを、医療現場の環境整備やワクチンの開発・研究、自粛要請を受けている事業主への協力金などに使えば多くの人を救うことができるのではないでしょうか。(マスクを配るのをやめてその財源も加えたらもっといろいろできそうな気がしますが!)

今は戦後最大の国難の時ですから、政府のあら探しや首相の批判に躍起になっている場合ではありません。

国民同士の分断は、猛威を振るうウィルスやよくミサイルを打ってくる”かの国”に隙を見せるようなもの。

まさに「官民一体となって」この脅威に立ち向かうべきではないかと思います。

ネットの反応は?

安倍首相や国会議員の歳費返納についてネットの反応にはどのようなものがあるでしょうか。

働いた分の対価は、しっかり貰ってもいいと思います。
ただ政府の方々、
成績や営業実績で給料が増減するわけではなく、
実績が悪くても安定的に支給されます。
そのことの意味をしっかり理解して頂き、
今後は、しっかりお国のためにお願いします。

逆にコロナで頑張って頂いてる公務員の方々には
感謝申し上げると共に今後もよろしくお願いします。

一番忙しく 動き回っている首相でさえ返納しているのに
他の 盲腸みたいに なくてもいい議員たちは???

世界中から羨ましがられている 美味しい日本の議員職
半減どころか1/3でいいと思う
それと大臣作り過ぎだよ
優秀な人材はどんどん民間から抜擢すればいい

野田さんが東日本大震災を機に給与返納は知ってましたが、自民党政権になってからも首相、閣僚の給与返納は知りませんでした。
逆に、メディアが何故報道しなかったを各メディアから報道してください。意図的なのか、本当に知らなかったのか…。国民は知りたいです。国民は知る権利があります。普段からメディアが報道しているように…。
え?
つまり2012年から3割も返納しつづけてたの?
なんでそれを私は知らないの?
あぁ、マスコミが報道しない自由を発動して国民に秘密にしてたってわけね
納得したわ
流石マスコミ、報道しない自由を謳歌してるね
なんか育ちの良い人って自分がやっている事を、例え自分の評判を上げる事でも無闇に口にしないよね
良いところのお嬢さんだった友達もそうだったわ
ずっとユニセフやら動物保護団体とかに寄付してるのに偶然知るまで聞いた事なかったからね
日本の政治家ももうちょっと宣伝に力入れないと、マスコミの報道しない自由で痛い目見ると思う
国民も大概このマスコミの卑怯さに痛い目にあってるけどね
なんかひたすら議員の給料の返納言ってる芸能人って結局何も調べず感情だけで言ってるのね
すごいダサいわ
近所のクレーマーおっさんを思い出したわ
今度は全額返納って言うのかしら?
こういう人がブラック企業作るのよね
これは良い事、素直に評価出来ます。
1カ月分だけ給与返納するどこかの知事の場合は、人気取りのパフォーマンスと言われても仕方ないけど、この安倍さんの姿勢は偉いと思う。
そういえば、総理大臣って退職金がないんだけど、自治体の首長の高額退職金、何とか減らせないものか?

・・・こういった意見がありました。

まとめ

首相の給料返納については筆者も知りませんでしたが、コメントでも「知らなかった」という声が多かったですね。

安倍首相にとっても今回のコロナショックは経験したことがないような非常事態。

話題になっているTwitterのように優雅にお茶を飲んで休日を過ごす余裕など実際はないはずです。(これはあくまでもパフォーマンスなのでは!?)

参考画像はコチラ↓↓

首相なりにベストは尽くしているのでしょうから、今回の歳費返納に関する報道はモチベーションアップにつながるかもしれませんね。

菅官房長官が言っていたように、首相は本当に「若い人に、STAY HOMEの重要性を伝えたい」という純粋な気持であの動画を投稿したのかもしれません。

いっそ、安倍首相ではなく明恵夫人だったらもっと「STAYHOME」のメッセージ性にインパクトがあったのではないでしょうか?

お出かけ大好きなアッキーも、いまはおウチ時間を満喫しますよ。だからみんなも家にいてね!みたいな・・・。

「空気が読めない」「自分がすべきことをわかっていない」「なにもかも遅すぎる」「プレゼンのセンスがない」

・・・等々、辛辣なご意見があるのもごもっともですが、我々国民にできることは、

  • 医療の現場を守るために、これ以上、感染を広げないこと
  • そのために、「自分がウィルスを持っているかもしれない」という自覚を持つこと
  • 自覚しているなら、なるべく外に出ないこと
  • 自分たちが選んだ代表者(首相や知事たち)を信じて、彼らの”フォロワー”になること

決して、いちいち首相や知事の揚げ足を取ることが我々の”すべきこと”ではないはずです。

自分の、そして大切な人の未来を守るために、今の自分にできることを粛々と続けていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。