前向きに

HIKAKINと小池百合子都知事がYouTubeで夢のコラボ!誰より頼りになる二人のリーダーが今、みんなに伝えたいことは?

ヒカキン小池知事対談

コロナウィルスの感染拡大に歯止めがかかりません。

感染者の増加は日増しに勢いを増していく感がありますが、このような事態になってもまだどこか他人事のようにとらえている方も多いようです。

TVのインタビューを見ていると、「自分は若いから大丈夫」とか「かかっても重症化しないと思うんで」みたいな回答をしている若い方もいますが、若くても重症化して命を落とすこともありますのでそろそろ本気で自粛しましょう!

そんなイマイチ危機感の薄い若者たちにもっと本気で怖がって欲しい!と思ったのでしょうか。

人気YouTuberのHIKAKINさんと小池百合子都知事がYouTube動画で対談するというちょっと信じられないような動画をたまたま見つけましたのでご紹介します!

なぜHIKAKINと小池都知事が?

HIKAKINさんといえば、YouTuberの大御所のような存在。

筆者も小学生の娘と一緒によく彼の動画を見ますが、「興味があるけど、やってみるお金も暇もない」というようなことにチャレンジしてくれるので、いつも更新を楽しみにしています。

トイレをトイレットペーパーで埋め尽くしたり、iPhoneの新機種を全色買いしてわざと水没させてみたり、クレーンゲームに1万円使ったり・・・って普通はなかなかできませんからね。

また、愛猫のマルオ&モフコとのイチャイチャぶりにも癒されますし、なによりHIKAKINさんの嫌味のないお人柄が最大の魅力なのだと思います。(最近はちょっとお金持ちアピールが過ぎるような気もしますが)

さて、そんなHIKAKINさんが小池都知事とコラボした動画がコチラ↓↓

公開から3時間で50万回再生されていることから、かなり注目度が高いことがうかがえます。

筆者もYouTubeを開いたらこの動画が出てきたので、思わずクリックしてしまいました・・・。

このコラボの背景について、BuzzFeed Japanは以下のように↓↓報じています。

 「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた」という動画は、4月10日に公開。

ヒカキンさんは「若者代表」として対談し、「日本で若者の重症者は出ている?」「ソーシャル・ディスタンスとはどういう意味?」といった素朴な疑問をぶつけている。

そもそもヒカキンさんは3月28日に「若いみんなへ、ヒカキンより。」という動画を公開。動画の中で「#うちで過ごそう」と外出自粛を呼びかけており、小池知事は、このツイートを「感謝します」と引用リツイートしていた。

東京都政策調整課の担当者によると、そもそも異例のコラボのきっかけは、こうしたやりとりを受けた、ヒカキンさんからの対談の呼びかけだったという。担当者はこう語る。

「若い方、10代~40代の方の感染者数がいま増えています。そうした方々の中にはテレビを視聴されていない方も少なくありません。そのような若い人にインフルエンサーの力を借りてメッセージを届けたいと考えています」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00010008-bfj-sci

確かに、最近はTVを見ない、そもそも「持ってない」という方も多いですよね。

やたらに不安ばかりをあおる報道の仕方にも問題はあるかと思いますが、少なくとも「そろそろ私もヤバイのかな」と危機感を持たせる効果は十分だと思います。

1日中、どこかの局では必ず流れていると言っても過言ではないあの報道を全く見ていないのだとしたら、、やはり若い世代に危機感がないのも納得です。

HIKAKINはこの動画で収益を得ていない!

さらにビックリなのは、HIKAKINさんがこの動画を収益化していないということです。

 「若いから大丈夫」と思っている人たちへ
動画の中でヒカキンさんは「この動画をきっかけにたくさんの人に新型コロナウイルスの正確な情報が届くよう、時間の許す限りたくさん質問させていただければと思ってます」と語っている。

どのようの思いを込めて、今回動画を公開したのか。ヒカキンさんはBuzzFeed Newsの取材に以下のようにコメントした。

「僕たち、YouTuberやインフルエンサーと呼ばれますが、若いひとたちに情報を届けられる立場なので、多くの方に正確な情報を届けることに使うべきだと思っています。そして自分の発信によって未来で一人でも助かることを祈っています」

「若いから大丈夫、と思っている人たちもまだたくさんいると思いますので、若いみんなにとって自分ごとだと思ってほしいと思います」と改めて一人ひとりが自分ごととして捉えることの重要性を強調する。

「まだ実感のない人たちも、僕たちひとりひとりの行動で1週間後、1ヶ月後という未来を大きく変えるんだということを、危機感を持ってしっかりと理解して欲しいです。そしてこれからも #STAYHOME #うちで過ごそう が広がって、1日も早く感染拡大が収束することを願っています」

なお、ヒカキンさんはこの動画を収益化していない。どれだけ拡散されて再生数が増えたとしても広告収入は入らないことになる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00010008-bfj-sci

おそらく、この動画を見た人の中には「HIKAKINは商売上手だな」「こんなことまでビジネスチャンスにしちゃうのか」「なんかやり方がきたないな」「金の亡者か!」みたいな書き込みをしたくなる方もいるんじゃないかと思いのですが、、この動画はどれだけ拡散されてもHIKAKINさんの収益にはなりません。

つまり、言ってみればボランティアのようなもの。

それでも、「自分の行動で、一人でも多くの若者の意識が変われば」ということでこのようなコラボ企画を考えたんですね。

HIKAKINさんは過去にも、台風19号の復興支援で100万円募金していました。

その時の動画がコチラ↓↓

YouTuberという職業について「ラクして稼いでる」みたいな批判をする人もいますが、苦労もなく、人の痛みもわからず稼いでいる人にこんな社会貢献ができるでしょうか。

どんな業界でも、苦労なくトップに立てることなんてないのだ・・・と、HIKAKINさんの行動を見ていると強く感じます。

実は、先日の記事で紹介したピコ太郎さんの手洗い動画も収益化はされていないそうです。

自宅からテレワーク生出演したMCのフリーアナウンサー、小倉智昭(72)から「これを考えたっていうのは正直に言うと『柳の下のどじょう』を狙ったの?」と質問されると、「いやいや。基本的にこれYouTubeも広告抜いてますから。全然お金にはならないんですけども、そんなのはどうでもいいと」と明かした。
手洗い動画を公開した意図について「とりあえず世界を回りまして、手を洗うっていう文化が半分なかったんですね。特におしぼりっていう文化もない」とし、「とりあえず手を洗うんだけど、それ以前にまず、今なんかつまんないじゃないですか。だから笑ってくださいよって気持ちが一番かもしれませんね」と説明した。

引用:https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/ピコ太郎、手洗い動画「広告抜いてますから。全然お金にはならない」-とくダネ%ef%bc%81で生歌/ar-BB12pRAK?ocid=spartanntp

お二人とも、ご自身の立ち位置や影響力をよくわかっている行動ですね。

それぞれの立場でどんなことができるのか?ということを改めて考えてみるキッカケをもらえたという方も多いのではないでしょうか。

こういう難局のときこそ人の真価が問われるのだ、ということを教えられたニュースでした。

ネットの反応は?

HIKAKINさんの動画について、ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

HIKAKINのこと見直しました。

下手なニュースよりすごくわかりやすかったし、視聴層に合わせて小池さんもわかりやすく説明してくれていました。

記者の質問に受け答えする小池知事とはちがって、優しく本当に都民のことを思っているなぁと感じました。

仕事をしてるのかわからないおじさん知事より、小池百合子さんが都知事になって頑張ってくれて本当に良かったと思います。

そしてもちろん自分もSTAY HOMEします。

ヒカキンの発言力は
若者に絶大です。
小池さんもヒカキンに頼って正解だと思います。
かなり前からの自粛要請を無視し出歩く人々。
経済最優先で出すのが遅すぎた緊急事態宣言。
緊急事態宣言が出ても強制力なし。
頼りない政府。
頑張ってください!
小池さん!
都知事は必死に広い世代に話しかける為に
色々な手段を次々と展開している
当然、その行為に少しでも影響力のある人が協力を惜しまない
そしてどんどん行動を起こしている
さて、日本政府はこんな事してますか?お堅い相変わらずの
呼びかけ、どうでも良い自己満足のパフォーマンスの訴え
都道府県知事の動きに対する協力ではなく批判だけ!
どちらの話しにみなさんは耳を傾け信じますか?
非難してる人登録者数少ないYouTuberかな?
デマではなくて、子供にもわかるような言葉を選んでるところもすごいなぁと。
わたしには出来ないことだけど子供にもこの動画を見せて家にいなければならないことを伝えられて子供も納得してくれた。
ありがとう、ヒカキン。忙しい中お時間作ってくれた小池都知事、ありがとうございます。
私もYouTubeで見ました。
限りある時間で的確な質問をするヒカキンさん、質問に対して丁寧を応対される小池都知事。
とても分かりやすいし、たくさんの若者が見てstay homeするきっかけを作ってくれた。
都知事の都民を思う気持ち、限りある予算を、どう有効に活用するか、使いどころを明確にしてお話しされている。
マスクを配るとか、現金配布とかも悪くは無いけど、もっと有効的な使い道があると思うが、、、。
北海道民でありますが、コロナの第2波がやってきてます。苦しい時ではありますが、ヒカキンさんと小池都知事のこの動画を見て今しばらく耐え忍ぶのみですね。みんなで頑張って乗り切りましょう。
両者共とても分かりやすく
誰にでも理解できる話し方と
内容で、引き込まれるように
最後まで見ました。

ヒカキンさんは勿論のこと、
小池さんもヒカキンさんをきちんと
たてていらして、気持ちの良い対談でした。
小池さんキャスター含め今までの
ご経験が存分に生きていて
よいリーダーシップをとっている。
すごいなと思いました。
純粋に応援したくなります。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

このコロナパニックで株を上げた人もいれば、残念ながら下げてしまった人もいます。

しかし、このお二人に関していえば、爆上がり状態。

コメントでも珍しく批判的な書き込みはほとんどありませんでした。

ただ、安倍政権にあまり期待が持てないということもあり、良くも悪くも小池知事に期待とプレッシャーが過重にかかっているような感もあります。

小池都知事には、しっかりと栄養や睡眠を取って長い闘いに備えていただきたいですね。

私も粛々と自分にできることに努め、これからも応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。