芸能人

コロナに感染したら謝らないといけないの?ホリエモンの提言がもっとも過ぎる!

堀江貴文氏

国内のコロナ感染者が8000人を超え、「いよいよ他人事ではない!」と本格的に危機感が高まっている今日。

芸能界やテレビ界でも著名人の感染が相次ぎ、ネットの世界をざわつかせています。

目につくのは感染した方への批判的なツイートやコメント。

感染したこと自体は悪ではないと認めつつも、「熱があるのに無理して出かけた」「こんな時期に仕事を優先して周りの人を巻き込んだ」という点に厳しい意見が寄せられているようです。

そんな社会の動きについて、”あの人”がツイートした意見に対して「まさに正論!」「ごもっとも」と賛同する声が寄せられていました。

詳しく見ていきましょう!

感染は「悪」じゃない!ホリエモンの指摘に賛否両論

著名人の感染に関して、「なぜそんなに簡単に検査を受けられたのか?」「一般人は検査を受けられないのに。やはり著名人は優遇されているのか?」「そもそも、行動が軽率過ぎる」といった厳しい意見が寄せられる昨今。

正直、感染した方からしてみれば、症状は苦しいし世間からは批判されるし、社会的信用も失うし・・・と踏んだり蹴ったりですよね。

なぜそこまで叩かれないといけないのか?と筆者ももやもやしていましたが、ホリエモンこと堀江貴文さんがツイートした内容を見てちょっとスカッとしました。

中日スポーツの報道の内容を見てみましょう。

実業家の堀江貴文さん(47)が15日、自身のツイッターで新型コロナウイルスへの感染が発表された俳優の石田純一(66)について言及。「別に悪い事したわけじゃないのに謝罪しなくてもいいのでは、、」と、コロナ感染=悪となってしまっている風潮を憂えた。

堀江さんは、石田の事務所が「この度、ご迷惑をお掛けした関係者の皆様には、心よりお詫び申し上げます」と謝罪したことを報じる記事をシェアし、コメント。堀江さんはさらに「こんなんで謝罪とかしちゃうから感染した人が村八分みたいにされちゃったりするんだし、言い出しづらくなって結果感染拡大しちゃうんだよな。」と持論も述べた。

これに対しフォロワーからは「本当にそれです!被害者なのに謝るという構図」「最近はコロナより人の方がこわい」と賛同のコメントが相次いだ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7862e34810f307e74c3210eeb617c1f5b99391f0

今は、世の中の多くの人が「秘密警察」と化していて、コロナに感染してしまった人のプライバシーを徹底的に暴いてやる!というような風潮があるように感じます。

確かに感染を広げてしまったことについて反省すべきですが、それは周りが批判しなくてもご本人自身が一番わかっていることでしょうし、強い自責の念に駆られていると思います。

今や「明日は我が身」と言っても過言ではない事態になっているのですから、社会全体として「感染した人のことはそっとしておいてあげようという」という「思いやり」を共有できるような世の中にしていきたいですね。

テレ朝の富川アナに、石田純一さんに・・・と批判が相次ぐ。

国内で主に批判のやり玉に挙げられているのは以下のような人々です。

  • 宮藤官九郎さん・・・3月20日に渋谷のライブハウスでイベントに参加していたことが発覚。「影響力の強い有名人として自覚が足りない」と批判されている。
  • テレ朝の富川悠太アナ・・・発熱があるなど異常があったにも関わらず、自身がメインキャスターを務める「報道ステーション」への出演を継続していた。結果的に感染を拡大させ、テレ朝は本社封鎖の事態に追い込まれている。
  • 石田純一さん・・・仕事で訪問していた沖縄で身体に異変を感じ、帰京後にコロナへの感染が発覚。「なぜこの時期に仕事を決行したのか」「無責任で腹立たしい」などの批判が寄せられている。

たしかに、それぞれの方の行動には「今、この時期にそれやっちゃいけないよね・・・」とツッコミたくなる”隙”があるのは事実です。

しかし、みなさんそれぞれ家族もいて、守るべき生活がある身分。

「インフルエンサー」だからこそ活動を止められなかった、そんな事情があることもちょっと理解してあげたいなと思います。

そういう弱さにもつけ込んでくるというのが、今回の新型ウィルスの本当の恐ろしさなのかもしれませんね。

同じようなことは海外でも

著名人の感染がかっこうのネタになっているのは国内ばかりではありません。

アメリカのシンガーソングライター、ピンクさんも感染し、その恐ろしい体験を以下の記事で告白しています。

⇒ 参考:ピンク、新型コロナウイルスに感染した息子の“恐ろしい”症状について涙の告白

この記事でぜひ注目していただきたいのは、以下の箇所。

「あなたたちは検査を受けられないのに私は受けることが出来たことに、皆さんは怒るべきでしょう。だけど、私にその怒りをぶつけても現状を変える手助けにはなりません」「私に腹を立てても、多くの人が検査を受けられないという問題は解決しません。その事実に皆さんは怒るべきなのです。そして、私たちは力を合わせて現状を変えていく努力をしなくてはいけないんです」

引用:http://www.mtvjapan.com/news/nz93rb/200410-08

本当にその通りで、世間の多くは批判を向ける矛先を間違えています。

著名な人々がなぜ簡単に検査を受けられたのか?

その点ばかりに注目して「ずるい!」と批判しているうちは何も解決しないでしょう。

怒りをぶつけるべき相手は、コロナに感染した人々ではありません。

こうなることを予測できたであろうに2ヶ月も手をこまねいている政府。

この状況を知っているのに改善できずにいる政府のリーダーシップの欠如に対して私たちはもっと声を上げていくべきです。

ネットの反応は?

ホリエモンさんの発言についてネットの反応にはどのようなものがあるでしょうか。

悪じゃないけど、石田純一の場合はそのあとの行動が問題。仕事とは言えこの時期に沖縄を訪れるのは批判されて当然!一番恐れられていたこと、東京から他県への感染拡大になりうる行動をしてしまったからには、有名人としては謝罪は必要だと思う。
これは一般人だと謝罪しなくても済む事だけど、芸能人でも一般人でも関係なく人のことを考えた行動を取りたいですね!
その通りですよ。
感染したこと自体は悪では無い。
ただし、感染に至る経緯に不用意な行動がなかった場合はね。
御大層な事を言っている本人は自粛要請が出ている中でセミナー?開催を強行しようとしていた人ですけど。
自治体から会場の貸出を断られて諦めたんでしたっけ?
感染者=悪ではないが、著名人であるかぎり、少なくとも多数の人に影響力があるのだから、いくら気をつけてましたと言っても結果がこれでは脇が甘いと言われても反論できないのでは?
今はとりあえず治療に専念しつつ、自分の立ち寄った店など包み隠さず話して、感染経路を特定してほしいです。
ホリエモンはかかっても謝罪しなけりゃいい。
石田さんは仕事だから行ったのは理解できる。しかし都内は感染者数が多い、沖縄でばらまいた可能性もある、芸能人なのでイメージの為にも 開き直りより謝罪した方が好感がもてます。
感染してしまった事を謝罪する事ではないと自分も思います。
気をつけていても感染してしまう事はあると思うので。
ただ堀江さん自身は自分にとって都合の悪い事は隠すか嘘をつくか逆ギレ暴言のイメージしかないから自身の事になればどうかなと疑問を持ってしまいますね。
特ににこのウイルス感染をカナリ軽視している側の人間でしょ?

・・・こういった意見がありました。

まとめ

いつもは批判的な声が圧倒的に多いホリエモンさんの記事について、賛同するコメントが多かったのが印象的でした。

筆者が住む街のような地方都市では、一人感染者が出るとまるで凶悪事件の犯人であるかのようにネット上に様々な情報が飛び交い始めます。

「○○の社長らしい」「〇月〇日に〇町のスタバに行ったらしい」「こんな時期に京都に旅行に行ったらしい」・・・と、エンドレス。

ヒトは好奇心旺盛な生き物ですから、知りたがり屋さんになるのはわかります。

しかし、自分が逆の立場だったらどうでしょうか?プライバシーを暴かれて嬉しいですか?コロナにかかってただでさえショックなのに・・・。

「自分がコロナ感染者になったら」と考えるようになって、筆者はこういったTwitterを見るのを止めました。

繰り返しますが、明日は我が身。

人のプライバシーをのぞき見したり批判したりする暇があるなら、筋トレ動画を見ながらトレーニングをして免疫力&体力アップしましょう。

マスク1枚、手作りしましょう!

運悪くコロナに感染してしまったみなさんの一日も早い回復と、今も最前線で戦っている医療従事者のみなさんの健康を願って。

最後まで読んでいただきありがとうございました。