前向きに

日本で一番「孤独感」の強い県はどこ?アフターコロナの今だからこそ身に着けたい!自分で孤独感を消す方法

孤独感

ふとした瞬間に、「自分って孤独だな・・・」と思うことはありませんか?

例えば、沈む夕日を一人で眺めている時。

誰もいない、がらんとした家に帰宅した時。

街で、楽しそうにイチャついているカップルを見た時。

ファミレスではしゃぐ親子を見た時・・・。

誰でも多かれ少なかれ孤独を感じる瞬間はあると思いますが、どうやらこの「孤独感」には地域差があるようです。

ブランド総合研究所が発表した「孤独に悩む人が多い都道府県ランキング」のデータを元に、 ”孤独感”の正体や孤独を解消する方法について見ていきますので最後までお付き合いください。

「孤独感」に地域差はあるの?最も”孤独”な県は「福岡県」

ブランド総合研究所が全国15925人(各都道府県から約340人ずつ)を対象として行ったアンケートによれば、「孤独に悩む人」が最も多いのは福岡県(7.3%)で、上位のランキングは以下のようになっています。

1位 福岡県 7.3%
2位 新潟県 7.1%
3位 山形県 7.0%
4位 秋田県 6.7%
5位 鹿児島県 6.7%
6位 千葉県 6.5%
7位 岐阜県 6.5%
8位 東京都 6.3%
9位 群馬県 6.2%
10位 栃木県 6.1%

引用 https://diamond.jp/articles/-/240711?page=2

ちなみに、47位、つまり「孤独感に悩んでいる人の割合が最も少ない」のは2.0%で愛知県。

大阪府は3.5%で39位でした。

この結果だけを見ると、「都会か?田舎か?」というのはあまり関係がなさそうですね。

高齢化、過疎化が進んでいるから孤独を感じる人が多いというわけでもなさそうです。

では、この結果からどんな傾向が抽出できたのか?

アンケートを実施したブランド総合研究所は以下のようにまとめています。

  • 「孤独に悩んでいる」と答えた人の47都道府県の平均を見ると、20代は4.4%、30代は3.9%、40代は5.9%、50代は4.2%、60代以上は2.7%となった
  • 40代をピークに年齢を重ねるごとに悩んでいる人は増えるが、50代以降は減少するのが全国的な傾向
  • 「孤独に悩んでいる」と答えた人を、「既婚」「未婚」や「子どもあり」「子どもなし」に分けて見てみると、「既婚」では2.5%に対し「未婚」では7.8%に、「子どもあり」では2.6%に対し「子どもなし」では6.8%となった
  • この結果からも、家族がいるかいないかは、孤独に悩む要因の1つであるといえる。

引用 https://diamond.jp/articles/-/240711?page=4

ただ、上位にランクインしている県であっても上記の傾向に当てはまらない県もあったとのこと。

家族がいても孤独に悩んでいる人もいるでしょうし、「既婚か未婚か、子どもがいるか、いないか?といった表面的な属性だけでなく、年代や地域の事情も含めたさまざまな角度から、孤独に悩む理由を知ることが、あらゆる人が孤独に悩まずに幸せに暮らすヒントになるのではないか」とまとめています。

孤独感を感じたら、その正体を見極めることが大事!

孤独感は、程度にもよりますが、心理的な病気や自殺の引き金にもなります。

できれば、程度が軽いうちに自分で気持ちをコントロールして解消できるのが理想。

そのためには、まずその孤独感が何に起因しているのかを見極める必要があります。

単に、一緒に過ごしてくれる人(家族や恋人)がいないから寂しいだけなのか?

それとも、その原因はもっと根本的なところにあるのか?

一つの要因として、「自己肯定感の低さ」が挙げられます。

  • 孤独感は、心理学では「他者から承認されていない」ことを意味する
  • 承認とは、他者から愛されていると実感するとともに、自分で自分を好きになること
  • 自分を好きになれない人間は、他人を愛することもできない

引用 https://lovely-media.jp/posts/3754

家族も恋人も友達もいるのに、言いようのない孤独感にかられるというのは、自分が自分を認めていないことに端を発しているのかもしれません。

自分を客観的に見つめ直し、自分で自分の「好きなところ」「いいところ」を探してどんどんノートに書き溜めていってみましょう。

長所を見える化することで、「私もまんざら捨てたもんじゃないじゃん!」と少しずつ自信を持てるようになります。

この時、決して欠点には目を向けないこと、反省ノートにしないことが大事です。

孤独感を感じたら。試してみたい10の方法

孤独感を解消する方法については、多くの書籍やサイトで様々な人がアドバイスしています。

人によって「孤独感」の種類は異なりますし、フィットする方法も違うでしょうから、「正解」はあり得ません。

ですが、一つの「参考」として、世の中的に「これは効果があるよ!」とおススメされている方法を10通りご紹介します。

どれか一つでも、「これは役に立ちそうだ」と思えるものがあればぜひ実践してみてください!

  1. 一人の時間を楽しむ
  2. 自分の感情や考えを好きになる
  3. 自分の考え方と向き合う
  4. 誰もがつながり合っているんだ、ということを知る
  5. 楽しめることをする
  6. なんでも「NO」と言いがちなら、「YES」と言ってみる
  7. 人の集まるところに行ってみる
  8. 50人と会う必要はなく、1人の人とつながることを目標にする
  9. 一緒にいると楽しいと思える人たちともっと時間を過ごす
  10. 他人と自分を比較しない

引用 https://www.lifehacker.jp/2015/02/150208_10-ways-cure-loneliness.html

筆者が個人的に特に重要だと思うのは10番目です。

「自分を好きになる努力をする」という話ともつながってきますが、自分に自信がなかったり嫌いだったりする根本には「他人との比較」があることが多いです。

しかし、自分の価値を決めるのは自分。

SNSのフォロワーが1万人いるあの人も、実際の生活では会話をする人もなく孤独な生活を送っているのかもしれません。

本当の孤独は目には見えないものなのです。

ネットの声は?

今回のランキングについて、ネットではどんな声があったでしょうか。

あまり実態を捉えているとは思えないし、このデータから何か次のステップを考えているフシもない
まず「孤独」を「悩む」という点について、孤独をどう捉えるかは地域によって全く異なる
また全く家から出ない誰とも話をしないという状態が数週間数ヶ月それ以上と長く続くことを孤独と捉えるか、たった数日でも孤独と感じるかの基準が不明
あるいは人付き合いや外出が減っただけで孤独だと考える人もいる

そして肝心のサンプルのとり方がいまいち信用ならない
本当に孤独な人はそもそも社会と接点が乏しい一方、積極的に社会と関わりを持とうとしている人や承認欲求が強くて何かしらと関わりを持ちたいという人がこの手の調査にかかってくる場合が多い
アンケート募集とかではなくて、完全に無作為ランダムに指定した対象を調査する形でないと

本を読もう!
スポーツをしよう!

学校で教わる事って老後に活かされるんだよね。

無限に楽しめる読書。
仲間を作ってスポーツするのもいいし、1人で黙々とするスポーツもいい。

疲れたら日帰り温泉でマッサージを受ければ孤独じゃなくなる。

こういう記事って、不思議なほど「だから家族を大切にしよう」「結婚して子供を産み育てよう」って結論を嫌がるよね。
家族がいて孤独感を感じる人ももちろんいるだろうけど、このデータを見る限り、当然「家族を大切にしよう」「結婚して子供を産み育てよう」というのが解決策にあって当然だと思うんだけど。

なにに遠慮してるんだろ。

まとめ

ブランド総合研究所が発表した「孤独に悩む人が多い都道府県ランキング」のデータを参考に、孤独感の正体やその解消方法についてまとめてきました。

ポイントを整理します。

  • 「孤独感」の程度には地域や年齢によって差がある
  • 家族がいるかいないかは、孤独に悩む要因の1つである
  • 孤独感を解消するためには、自己肯定感を上げることが効果的である

経験上、深刻な悩みであればあるほど、人にはあまり相談できないものです。

つまり、人は本来は孤独であり、誰かと一緒にいることで得られる満足感や安心感は”気休め”的なものなのかもしれません。

とすれば、「孤独」は消しても消しても一生ついてまわる感情。

それを消してしまうのではなく、「孤独だから、何かに集中して気を紛らわせよう!」と趣味を始めてみたり等、その”孤独感”を自分なりに楽しみ、コントロールできるようになるのが理想的ではないでしょうか。

誰かになんとかしてもらおうとするのは限界があります。

コロナの影響で人と人との距離が変わってしまった今だからこそ、自分で自分の孤独を癒す技術を磨いていきたいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました!