前向きに

今年はどうする?梅雨の洗濯問題。雨の日も洗濯物を早く、カラッと乾燥させるコツ!

雨の日の洗濯問題

毎日、雨続きでジメジメ、ベタベタ・・・。

梅雨のシーズンは、気分も落ちますよね。

加えて、イライラを増長させるのは「洗濯物が乾かない問題」です。

今回は、梅雨の時期でも洗濯物をカラッと乾燥させるコツについて見ていきますので最後までお付き合いください。

洗濯物の「乾きやすさ」を左右する要因は?

雨の日は、洗濯物を外に干せない・・・。

というわけで必然的に室内干しになるわけですが、日によって、同じ雨の日でも乾きやすい日とそうでない日があることにお気づきでしょうか?

なぜなら、洗濯物の「乾きやすさ」を左右する要因は「日差し」(=温度)だけではないからです。

  1. 気温=夏のように気温が高いほど乾きが早まる
  2. 湿度=カラッと湿度が低いほど乾きやすくなる
  3. 風=風通しがよいほど湿った空気が循環して乾きやすい

引用 https://cojicaji.jp/laundry/how-to-dry/522

気温、湿度、風の3要素が複雑に絡みあって、「乾きやすさ」/「乾きにくさ」につながっているんですね。

雨の日でも、風がある日なら窓を開けておけば多少は乾きやすいはず。

一方で、全く風もなく温度も低い・・・となれば、乾くのに時間がかかってしまうのです。

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツ① 干し方を工夫する

では、どうすれば雨の日でもなるべく早く洗濯物を乾かすことができるのか。

ごく基本的なところから攻めていくと、まずは「干し方」を工夫するのが効果的。

  • 密集させず、適度にずらして干す
  • 丈の長いもの、短いものを交互に並べる
  • 厚みのあるもの、薄いものを交互に並べる

引用 https://cojicaji.jp/laundry/how-to-dry/522

「密集」を避けるというのは、コロナだけではなく梅雨時期の洗濯物対策にも効果的!

要するに、風通しの良い干し方を心がけると良いということです。

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツ② 扇風機を使う

「風通し」って言われてもイマイチピンとこないな~。

・・・という方は、ぜひ扇風機を使ってみてください。

我が家では、100均で売っているコチラのアイテムを使って部屋干しをし、下から扇風機を当てて乾燥させています。

洗濯便利アイテム

引用 https://limia.jp/idea/294924/

「室内に洗濯物をかける場所がない!」という賃貸物件でも使える、おススメの方法。

この方法だと、洗濯物の動きで風の通り道が良くわかります。

「ああ、風の通りが偏っているな」「ここ、あまり風が当たってないな」と気づいたら配置を調整したり。

風の強さを中~強にしておけば、1日でスッキリ乾きます!

「部屋の隅から、対角線上の天井に向けて空気をあてる」ということを意識するとより効果的ですよ。

1時間つけても電気代は約0.5~1.1円/時くらいなので、家計の面でも非常に経済的!

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツ③ 洗濯物の下に新聞紙を敷く

それでも、あまりにも毎日雨続きだと部屋自体に湿気が溜まってしまうのでなかなか乾きません。

そんな時は、「洗濯物の下に新聞紙を敷く」という裏ワザが有効。

私もネットで見て半信半疑で試してみましたが、室内(特に床の)湿気を吸収してくれるのを肌で実感!

そのまま敷くのではなく、クシャクシャさせた状態で敷くほうがより効果的です。

我が家では、「扇風機+新聞紙」が梅雨の定番メソッドとなっており、朝干して夕方には乾いているという好循環を実現しております。

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツ④ 先にアイロンをかけておく

梅雨の時期は、「明日着ていく制服のシャツが乾かない!」というトラブルも起こりがちですよね。

そんなときは、「先にアイロンをかけてから干す」という裏ワザもあります。

  • 脱水まで終わった洋服にアイロンをかけて干せば、多少生乾きでもすぐに乾く
  • パリッと仕上げたい服であれば乾くスピードが上がるうえに、シワも伸びて一石二鳥

引用 https://cojicaji.jp/laundry/how-to-dry/522

ちょっと手間はかかりますが、生乾きのシャツを着ていくよりはずっとマシ!

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツ⑤ ハイテクなアイテムを使う

ここまでは、なるべくお金をかけずに洗濯物を速乾させる方法について紹介してきましたが、「浴室乾燥機」「除湿器」「エアコン」など文明の利器を使えばより効率的です。

それほどコストが気にならないのであれば、なんだかんだ言っても素直に機械に頼るのがいいかなと思います。

参考までに、それぞれのコストを比較しておきましょう。(※機種によっても異なりますので、あくまでも参考程度に考えておいてください!)

★浴室乾燥機

  • 1時間あたりの電気代は約33.75円
  • 洗濯物を乾燥させるのに3時間程度かかるので、1回の洗濯で電気代が101.25円かかる
  • 毎日使うと1か月で約3,000円

★洗濯乾燥機

  • 標準的な大きさ(洗濯容量10kg、乾燥容量6kg)の洗濯乾燥機で、洗濯から乾燥までの消費電力量はヒーター式なら1380Whで37.26円、ヒートポンプ式なら960Whで25.92円
  • 毎日使うと1ヶ月で最大でも1118円程度

引用 https://alulu.jp/press/electricbill_dryer.html?gclid=Cj0KCQjwuJz3BRDTARIsAMg-HxU6MV1v94YgS9EKJAAD-b3WBHlebaxSZevDk9UY4DOX-CwjZOtCoJ8aAiPTEALw_wcB

★エアコンの除湿機能

※ダイキン工業のエアコン「うるるとさらら」除湿運転の消費電力が105W、電気代が1時間約2.7円だと仮定

  • エアコン24時間つけっぱなし ・・・約2.7(円)×24(時間) =約65(円)

引用 http://enesuke.jp/re9/5999/2

調べてみたところ、エアコンの「除湿」についての具体的な電気料を紹介しているサイトはほとんど見かけません。

これは、除湿の方式がメーカーによって違っていたり、あとは温度や湿度の違いによって消費電力にも差が出てくるから。

上記はあくまでの参考程度で見ておいてください。

そうだとしても、単純に比較すると、「文明をの利器を使って洗濯物を速乾したいなら、エアコンの除湿機能 or 洗濯機の乾燥機を使うのが省エネだ」ということが言えるでしょう。

気になる!みんなの洗濯アイデア

梅雨の洗濯問題については、ネットでも様々なアイデアが紹介されています。

「これはいい!」と思うものがあれば、ぜひ試してみましょう。

まとめ

梅雨の時期に、洗濯物をなるべく早く、カラッと乾燥させるコツについてご紹介しました。

ポイントを整理します。

  • 意識すべきは、「温度」「湿度」「風」の3要素
  • 「風」を意識した衣類の干し方(並べ方)がカギとなる
  • 文明の利器を使うなら、電気代も比較すべし!

ちなみに、部屋干しでは生乾きのニオイも気になりますね。

個人的には、洗濯男子たちがCMしているコチラの洗剤(花王 アタックZERO 抗菌プラス)がおススメ。

アタックZERO
引用 https://www.kao.co.jp/attack/products/zero/?cid=at_google2006c

別に、CMに出ている俳優たちの顔につられて買ったわけではありません。

プッシュ式で、洗剤を入れやすいところもお気に入りのポイントです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!